5月14日(土)      
広島空港から仙台空港へはまだ便が再開しておらず
東京まで飛び、新幹線で仙台へ向かいました。
     
       
東京から仙台へ向かう新幹線からの景色      
風評も含め、原発の影響を受けている福島県でも、農家の方は今までと同じように畑仕事に精を出しておられました。      
       
       
西本願寺仙台別院ボランティアセンター      
       
       
仙台市内に住んでおられる、元大崎島の尾末さんのお宅にて      
こちらは物資はすぐに届いたそうですが、自宅の中はメチャクチャになり、1ヶ月以上避難所で生活をされたそうです。避難所は4畳ほどに8人で生活し、寒さもあり、とてもゆっくりと寝られる状態ではなかったそうです。      
       
       
       
5月15日(日)      
ボランティア活動初日
亘理いちご農園にて活動。
     
       
本願寺仙台別院にて朝のお勤め      
本堂内には物資がびっしりと積んでありました。      
       
       
亘理の農園に向かう途中の道路      
津波により道路のコンクリートがずれておかしな方向に向かっていました。      
       
       
       
       
       
       
イチゴ農場の上に津波と共にたい積して層になったヘドロを取り除く作業      
 最初は夫婦2人で農園を見るたびに気がめいって、何もする気が起きなかったそうです。ボランティアの人が来だして10日ぐらいになり、ようやく「またはじめよう」という気になったと言っておられました。
 ここで再びイチゴが収穫できたら送りますと言われました。早く収穫できるときがくるのを願っています。
     
       
       
       
亘理へ向かう途中、高速道路から見える海岸線は延々と車、船、家が散乱していた。
一カ所だけでなく、この延々と続く場所をきれいにするのは途方もない人手と時間がかかると思った。
     
        
       
        
もともとは水がなかったと思われる場所      
       
       
踏切だった場所      
今は線路は無くなっていました。      
       
       
       
       
       
       
住宅地の凄惨な光景      
       
気仙沼、女川、石巻といった有名なところはメディアにもよくとりあげられ、ボランティアも集まるが、南の方も同じように被害を受けているがボランティアが足りないと言っておられた。
とにかくどこもかしこも、ボランティアは足りることがないという状況です。
     
       
       
       
5月16日(月)      
石巻市、称法寺にて活動      
       
石巻市に入ったと同時に、ものが腐ったような独特のにおいがしてきました。      
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
 奥に見える学校は震災後の火災でこげている      
       
       
大きな船が陸に打ち上げられている      
       
 石巻は人口も多く住宅や工場もたくさんあった地域なので、津波を受けた後は凄惨な状況でした。
 しかしこれでも、地震のすぐ後に行ったメンバーは、「すごくきれいになっている」と言っていました。
     
       
       
       
親鸞聖人の銅像は、津波によって台座の上から無くなっていました。      
       
       
境内の銀杏の木に流れてきた家が引っ掛かっていました。      
この家の方は、住宅ごとお寺の周りを一周流され、最終的に境内の銀杏の木に引っ掛かったおかげで助かったそうです。      
       
       
       
       
全て倒れてしまった墓地の上に、家や車が積み重なり、それらを撤去する作業      
遠巻きに壊れた家屋を見るのも心が痛むが、作業する手元に、絵本や、ビデオ、写真などがあると、そこにあったはずの生活を想像してしまい、やりきれない気持ちになる。       
       
       
 物資の搬入班は、搬入時に地元の人たちと話をするのがこの仕事の意味だったと言っていた。
 搬入物の中にぬいぐるみがあり、それを見たおじちゃんが「母ちゃん流されたからそれといっしょに寝ようか」と冗談交じりでおっしゃられたそうだ。何も返す言葉はないが、そうやって気持ちを発露する場になってあげられることだけで、被災した方のストレスが発散でき、大変意味のあることだと思った。
     
       
       
5月17日(火)      
多賀城市にて活動      
       
       
1階部分は天井まで油まみれの津波でつかってしまいました      
 この地域はすぐ近くに新日本石油のプラントがあり、津波と油で大変な状況になったそうです。
このあたりの地域はもう家財道具は運び出して処分したそうですが、庭や側溝はどろどろでした。
梅雨の時期までに側溝の泥を取り除かないと、また大変な状況になるということでした。
     
       
       
油まみれの泥を土のうに詰める作業      
油も混じっているのでとても重い。
作業途中、機械で出来ないものかと思ったが、休憩時間に区長さんと話していると、もう機械には来てもらったそうだ。
しかし、がれきの入っている側溝は高圧ホースは使えないと断られ、結局人手でやるしかないということだった。
人手でないとできないことが多くあることをあらためて知らされた。
     
       
       
積み上がった土のう      
       
       
       
       
11人がかりでへとへとになりきれいになった側溝      
       
       
昼食をスーパーに買いに行ったときに、近所のおばちゃんが順番をゆずってくれました。
パーカーについている「西本願寺」のロゴを見て、「遠くからごくろうさま」と声をかけてくださいました。
     
       
       
       
5月18日(水)      
仙台市の海側の区、専能寺にて活動      
門徒さんは皆このお寺の周りの方々で、今回の津波で70名以上亡くなられたということでした。      
       
       
親鸞聖人像の傘がまがり、後ろに傾いている      
隣は押し流された鐘撞き堂      
       
       
鐘が付いたまま押し流されている      
       
       
やはりお墓は倒壊し、流入物が積み上がっている      
       
       
会館に残る津波の跡      
       
専能寺の住職さん坊守さんが明るく接してくださり、会館で地元のずんだもち、いなり寿司をいただきました。      
ただ、1日の作業が終わり、ここをこうしてほしいとか活動に要望があれば言ってくださいと尋ねたたとき、「先のことは何も考えられないです」とおっしゃっておられました。      
       
       
     
 
HOME] [妙専寺とは] [お知らせ] [一口法話] [お寺の活動] [法座案内] [質 問] [じゃがいも
浄土真宗本願寺派 光 城 山 妙 専 寺
〒729−2401
 広 島 県 東 広 島 市 安 芸 津 町 木 谷 2865
TEL(0846)45−1034
FAX(0846)46−0062